ホーム > 社会福祉法人岡山県視覚障害者協会について

社会福祉法人岡山県視覚障害者協会について

運営理念

 視覚障害者の自立促進と福祉向上

運営方針

(1)伝統的職業の業権擁護と新職業の開拓に努めます
(2)視覚障害理解のための啓発活動に努めます
(3)人格の尊厳と安全・安心を重視し、安定した施設経営に努めます
(4)職員の専門性向上を重視し、支援の質の向上に努めます
(5)法令の順守と個人情報に配慮した情報公開に努力します

連絡先

 社会福祉法人岡山県視覚障害者協会
 電話 086-271-0933
 所在地 〒703-8235  岡山県岡山市中区原尾島4-17-37
 本部へメールでお問い合わせ

関連施設

 障害者支援施設 岡星寮(こうせいりょう)
 岡山県視覚障害者センター
 相談支援・地域生活支援事業所 みちしるべ

岡山県視覚障害者協会の沿革と現状

沿革

 岡山県視覚障害者協会は昭和2年11月6日、岡山県視覚障害者協会として設立した。創立者は葛山 覃(かつらやま ひろし)氏(1888ー1946)である。同氏は自身も弱視で官立東京盲学校教員練習科を卒業、私立岡山盲唖学校の教諭であったが、当時の視覚障害者の社会的地位の低さと悲惨な生活状態を見るに忍びず、地方在住の有力な視覚障害者に呼びかけて「視覚障害者青年覚醒会」を組織、視覚障害者に教育を施して、自助自立と相互扶助の精神を培う事が先決であるとして本会を創立した。
 創立当初から大戦末期までの特筆すべき事業は、失明防止と開眼検診であったが、この事業の恩恵に浴した視覚障害者は1万数千人に及んだという。
 戦争のため一時活動を中止していた本会は、昭和25年、就学困難な盲児を援助するため盲児施設「岡星寮(こうせいりょう)」を開設、その経営に乗り出した。そして昭和28年厚生大臣から社会福祉法人の認可を受けた。
 次いで昭和52年には備前市鶴海に定員50名の養護盲老人ホーム「鶴海荘(つるみそう)」を開設、平成3年には、同ホームに併設して定員30名の小規模特別養護老人ホーム「第二鶴海荘」を開設した。また、盲児施設「岡星寮」は、開設以来38年間にわたり所期の任務を遂行して来たが、昭和63年、時代の推移に即応し、定員40名の知的障害者更生施設に衣替えして、盲重複障害者のための施設として再発足を遂げた。一方、昭和50年代後半から点字図書館を中核とする独立の視聴覚障害者情報提供施設を設置されるよう県に運動してきたが、昭和60年、「岡山県視聴覚障害者福祉センター」(平成18年7月聴覚と分離し「岡山県視覚障害者センター」と改称)開設とともに、その運営を委託されて今日に至っている。

現状

(1)会員と組織・関連団体

本会は社会福祉法人であるため、会員組織をとることが出来ないので、正式に会員数を算出することは困難であるが、現在県下在住の視覚障害者約5,300人のうち、700名前後の住所氏名を把握している。本会にはおおよそ郡市ごとに支部があり、現在19支部が設置されている。また、本会は社会福祉法人日本盲人会連合に加盟するほか、財団法人岡山県身体障害者福祉連合会の構成メンバーとして、副会長・評議員を送っている。

(2)役職員

1.役員、理事は現在15名で、その内訳は視覚障害者が会長以下13名(施設長1名含む)、施設長2名である。監事は2名(うち視覚障害者1名)。なお弁護士を顧問として委嘱し、必要に応じて業務の相談や指導を受けている。
2.評議員は40名で、各支部からの地域代表が34名。青年部・女性部・老人部・三療部・音楽部・運動部からの代表がそれぞれ1名ずつ参加している。 
3.顧問として国会議員1名、県議会議員1名を推戴している。 
4.職員は総計71名である。

(3)事業の概要

第一種社会福祉事業
(ア)障害者支援施設「岡星寮」の設置経営。定員40名。職員数24名。
(イ)養護盲老人ホーム「鶴海荘」の設置経営。
(ウ)併設小規模特別養護老人ホーム「第二鶴海荘」の設置経営。定員30名。
   職員は「鶴海荘」「第二鶴海荘」の双方を兼務併任して、全部で40名である。

第二種社会福祉事業
(ア)視覚障害者情報提供施設「岡山県視覚障害者センター」の指定管理。職員数7名。
(イ)「明るいくらし促進事業」等の受託
   点訳朗読奉仕者養成事業他4事業。
(ウ)自主的福祉事業。視覚障害者福祉大会開催、会員研修事業など18事業